代表者よりご挨拶 会社概要 企業理念 沿革 アクセスマップ 採用情報
製品パートナー会社一覧

ADaC会社情報

沿革

1982年
3月
東京都千代田区麹町に河原 隆、福富 寛の2名で会社設立。
4月
米国 Whitesmiths, Ltd.と総代理店契約、技術援助契約を締結。
コンパイラ技術導入を始める。
12月
米国 JMI Software Consultants, Inc.との代理店契約を締結。
CExecutive(RTOS)の販売/サポートを開始。
1983年
2月
組込み市場に高級言語『C』とRTOS のソリューションを提供開始。
6月
英国 Real Time Systems Ltd. のクロスアセンブラの販売/サポートを開始。
10月
Cコンパイラの移植を開始。
『最適なプログラム開発環境』の提供会社として第一歩を踏み出す。
1984年
2月
UNIXライクなOS『Idris』の移植サポート開始。
6月
米国 IBM370系メインフレーム用Cコンパイラの販売/サポートを開始。
パソコンからメインフレームまでのサポート体制を確立。
1985年
5月
事業拡張に伴い本社を現在の東京都豊島区北大塚に移転。
同時にVAX-11/750コンピュータシステムを導入し、技術サポートと新製品開発を拡充。
1986年
2月
日本電気株式会社製Vシリーズ用クロスコンパイラを開発し販売開始。
1987年
8月
仏国 COSMIC s.a.r.l.のMICSIMシミュレータの販売/サポートを開始。
1988年
6月
米国 Intermetrics,Inc.との代理店契約を締結。
9月
松下電器産業株式会社とソフトウェア導入に関する包括契約を締結。
10月
株式会社日立製作所とソフトウェア導入に関する包括契約を締結。
1989年
5月
株式会社日立製作所と同社のH8およびH16マイクロプロセッサ用Cクロスコンパイラ の開発受託契約締結。
その後、日本電気株式会社の78Kシリーズおよび株式会社リコーのRuシリーズ等のCクロスコンパイラおよび シミュレータ・デバッガ の開発を受託
1992年
12月
米国 Green Hills Software, Inc.と代理店契約を締結。
『CISCからRISCまでの製品ライン』の構築が可能となり、同時にMULTIデバッガの技術導入を開始。
1993年
3月
大阪テクニカルセンタを大阪府吹田市江坂に開設。関西地区および九州地区の顧客サポートを拡充。下記プロセッサのCクロスコンパイラおよびMULTIデバッガの開発を受託し、Green Hills Software, Inc.と共同開発を始める。
  • 日本電気株式会社製 Vrシリーズ、V800シリーズ
  • 株式会社日立製作所製 SHシリーズ
  • 株式会社東芝製 TXシリーズ
  • 富士通株式会社製 FR20,SPARClite
  • 三菱電機株式会社製 M16
1994年
2月
MULTIデバッガを言語処理系(Whitesmiths系とGreen Hills系テクノロジー)の統一開発環境GUIとする。
1996年
3月
名古屋テクニカルセンタを愛知県名古屋市栄に開設。中部地区の顧客サポートを拡充。
11月
米国 Dinkumware, Ltd.のC、EC++、C++、Java、WindowsCE用ライブラリ(ソースコード形式)の販売/サポートを開始。
1997年
4月
米国 Cynergy System Design, Inc.と代理店契約を締結。
同社EDA関連製品の販売/サポートを開始。
同時にRTL-Cモデル技術を用いてシステムLSIに適合した開発環境の構築準備を進める。
1998年
3月
アジア地区の代理店販売網の強化を進める。
  • 韓国 KM DATA Inc.
  • 台湾 MICETEK International Inc.
  • 中国 MICETEK International Inc.
  • 中国 Watertek Science & Technology Inc.
  • シンガポール Flash Technology Private Limited
11月
米国 Edison Design Group, Inc.と代理店契約を締結。
C、C++、Java用フロントエンド(ソースコード形式)の販売/サポートを開始。
2000年
10月
A&Alinux社をAIコーポレーション株式会社と設立。Linux用ツールサポートを開始する。
11月
米国 InterNiche Technology, Inc.と代理店契約を締結。
同社の通信系ミドルウェアの販売/サポートを開始。
2001年
11月
Green Hills Software, Inc. が開発したJTAG ICE『Green Hills プローブ』の販売/サポートを開始。
2002年
2月
Cynergy System Design, Inc. 製品の独占所有権および関連するパテントを取得。
自社ブランド(ADaC EDA Tools)として、HDLモデル開発/モデル開発ツール/コ・ベリフィケーションツールの販売/サポートを継続。
4月
TOPPERSプロジェクトに参加。
TOPPERS/JSP(μITRONバージョン4.0の仕様に準拠)をベースに、弊社が開発した『eFOSi』をGreen Hills Software 統合開発パッケージに無償でバンドル(ソース提供)開始。
10月
Green Hills Software, Inc. が開発した最先端RTOS『INTEGRITY』の販売/サポートを開始。
2003年
3月
Green Hills Software, Inc.が開発した高機能・低価格なコンパクトデバッグプローブ『Slingshot』の販売/サポートを開始。
4月
TTTech Computertechnik AG との代理店契約を締結。
11月
Green Hills Software, Inc.が開発した革新的デバッグツール『TimeMachine』,最大1GBのトレースデータを収集可能な最先端エミュレータ『SuperTrace Probe』の販売/サポートを開始。
2004年
4月
FlexRay Associate Member 契約を締結。
6月
Green Hills Software, Inc.が開発したロイヤリティ不要の高速マイクロカーネル『velOSity』の販売/サポートを開始。
MePアライアンス・パートナーに参加。
Teja Technologies, Inc.と代理店契約を締結。
7月
Teja Technologies, Inc.が開発したIntel Intel IXP2xxx ネットワーク・プロセッサ向けソフトウェア開発環境『Teja NP』の販売/サポートを開始。
10月
有限責任中間法人JasParに正会員として加入。
2005年
1月
LIN Consortium Associated Partner 契約を締結。
2月
車載ネットワークプロトコルコンフォーマンスサービスを開始。
11月
FlexRayネットワークを強力にサポートする次世代車載LAN FlexRay用ツール『ADaC Automotive Solution』の販売/サポートを開始。
2006年
4月
Green Hills Software, Inc.が開発した超コンパクト、超高速、ロイヤリティ不要のマイクロカーネル『µ-velOSity』リアルタイムOSの販売/サポートを開始。
2007年
5月
AUTOSAR Associate Member 契約を締結。
8月
車載ネットワークの規格適合試験機関として有限責任事業組合 VeLIO 設立。
12月
Symtavision GmbHと代理店契約を締結。タイミング検証・解析ツール『SymTA/S』の販売/サポートを開始。
2008年
7月
Embedded Systems Technology, Inc.との代理店契約を締結。分散シミュレーション環境『ESSE』の提供とコンサルテーションを開始。
2015年
11月
事業拡張に伴い名古屋テクニカルセンタを愛知県名古屋市中区錦に移転。中部地区の顧客サポートを拡充。
2016年
4月
Veltronix Pty. Ltd.との代理店契約を締結。ハードウェア自動設計ツール『Veltronix Accelerate』の提供を開始。
10月
株式会社wiseと共同出資によるバーテックス株式会社を設立。ADASや自動運転AIの開発と検証シミュレーションを効率化するバーチャル環境の提供を開始。
2017年
10月
事業拡張に伴い大阪テクニカルセンタを大阪府大阪市北区堂島に移転。関西地区の顧客サポートを拡充。