2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

イベント・セミナー

システムレベル設計ツール『 ELEGANT 』の研究開発成果発表のご案内

2006年2月吉日 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、来る3月22日(水)に、『 システム設計環境セミナー 』を開催し、システムレベル設計ツール『 ELEGANT 』の研究開発成果発表を行います。

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(以下、弊社)の提携パートナーである 株式会社インターデザイン・テクノロジー は、ELEGANT開発プロジェクトに参画し、システム合成ツール、およびシミュレーションツールの開発を担当致しました。シミュレーションツールには、弊社取扱い製品である『 Green Hills Software社製 / 統合開発環境MULTI® 』、および『 ADaC EDA Tools / ASVP Builder® 』が採用されております。

『 システム設計環境セミナー 』では、システムレベル設計ツール『 ELEGANT 』を構成するこれらのツールの開発成果発表を行います。是非この機会にご出席いただきたく、ここにご案内申し上げます。

システム設計環境セミナー -ELEGANTの研究開発成果発表-

宇宙航空研究開発機構
情報・計算工学センター

我々の身の回りにある情報機器等の機能は年々高まり、便利になるとともに複雑化しています。宇宙開発の分野においても、人工衛星等の機能が高度化し、搭載機器のデジタル回路はますます複雑になってきています。
その結果、こうした高機能のデジタル回路の設計と検証にかかる人手と時間はますます増大し、設計誤りのないシステムを短期間に作ることが難しくなってきています。

この問題を解決するため、宇宙航空研究開発機構では、システムレベル設計ツール - ELEGANT - の研究開発を進めてきました。
ELEGANTでは、設計者が抽象度の高いシステムレベルで設計作業を行い、それを計算機上でデジタル回路として詳細化しながら、ハードウェアとソフトウェアの協調シミュレーションによりその動作を確認することができ、従来よりも早く、正確なシステム設計が可能になります。

ここに、ELEGANTが完成しましたので、本セミナーを開催し、その機能と適用例を発表いたします。
また、宇宙航空研究開発機構では、ELEGANTの第三者評価を平成18年度に実施することを計画しており、評価者を一般から公募する予定です。本セミナーの中で、公募の要領に関し、ご案内する予定です。

開催概要
【 日 時 】
2006年3月22日(水) 13:30~17:45
【 場 所 】
東京コンファレンスセンター 品川 (JR 品川駅 港南口(東口)より徒歩2分)
【 発表内容 】
13:00 受付開始
13:30-13:40 開会挨拶
宇宙航空研究開発機構 情報・計算工学センター長
藤井孝藏
13:40-14:10 [基調講演] C 言語ベース設計技術の動向
-真のシステムレベル設計からの支援をめざして-
東京大学 大規模集積システム設計教育センター教授
藤田昌宏
14:10-14:30 ELEGANTの概要について
宇宙航空研究開発機構 情報・計算工学センター
中川敬三
14:30-15:00 ELEGANTでのシステムレベル合成について
(株)インターデザイン・テクノロジー
中村敦資
15:00-15:15 休憩
15:15-15:45 ELEGANTでのシミュレーションについて
(株)インターデザイン・テクノロジー
荒木 大
15:45-16:15 ELEGANTでの動作合成について
日本電気株式会社  
若林一敏
16:15-16:45 ELEGANTでの形式的検証について
富士通株式会社 
高山浩一郎
16:45-17:15 衛星搭載用時刻比較装置への適用例
宇宙航空研究開発機構 情報・計算工学センター
山本徹也
17:15-17:45 データ伝送規格SpaceWireへの適用例
NEC 東芝スペースシステム株式会社 
檜原弘樹
事前登録方法

終了いたしました

▲イベント・セミナーに戻る