2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

イベント・セミナー

コネクティッド・カーEXPO

ADaCは、「コネクティッド・カーEXPO(総称:オートモーティブワールド 2018)」に出展します。

自動車のIoT化が進み、コネクティッド・カーは、車両の状態や周囲の状況など様々なデータをネットワークを介して活用することでADASや自動運転にも繋がる技術として注目を集めています。しかし一方、ハッキングによる遠隔操作や様々な情報漏洩のリスクも伴い、セキュリティへの対策が大きな課題となっています。

本展では、コネクティッド・カーへの安全性をテーマに、リアルタイムOSをはじめとする次世代の車載ソフトウェア開発に最適な開発ソリューションをご紹介します。

この機会に是非ご参加ください。皆様のご来場をお待ちしております。

開催概要

【イベント名】
コネクティッド・カーEXPO
【 会 期 】
2018年1月17日(水)~ 1月19日(金)
10:00~18:00 [ 19日(金)のみ17:00終了 ]
【 会 場 】
東京ビッグサイト
【 小間番号 】
E56-15
【 参加費 】
無料( 招待券をお持ちでない場合、入場料5,000円/人 )
【 招待券申込 】
こちら よりお申込みください。

出展概要

プレゼンテーション

ADaCは、コネクティッド・カーEXPOの出展社が、最新の製品・技術情報をセミナー形式でご紹介する 出展社フォーラムで講演を行います。参加無料、事前申込みも不要ですので、ぜひこの機会にご聴講ください。

【 タイトル 】
これで安心!コネクティッド化に向けた車載セキュリティ対策
【 概  要 】
本講演では、クルマのあらゆる利便性を発展させるコネクティッド化の実現に向け、重要なカギを握る車載セキュリティソリューションについてご紹介をします。
【 日  時 】
1月19日(金) 14:20 ~ 14:50
【 場  所 】
東 - C セミナー会場


主なデモ展示

注目! リアルタイムOSの仮想化技術を使った次世代車載システム

ルネサス社のR-Car H3を使用して、リアルタイムOSによる仮想化技術「INTEGRITY Multivisor」を実演をします。ゲストOSでは、Linuxによるインフォテインメント系のアプリケーション、そしてリアルタイムOS「INTEGRITY」のネイティブアプリケーションでは、メータクラスタがそれぞれ動作し、タッチパネルによる画像の素早い移動や高速なプロセス間通信など、高い性能をご体感いただけます。


●高安全性リアルタイムOSによるプラットフォーム開発

ザイリンクス社のZynq UltraSCALE+ MPSoCを使用し、リアルタイムOS「INTEGRITY」によるソフトウェアプラットフォーム(実行環境)と、安全性・信頼性に優れたソフトウェア統合についてご紹介します。


主なデモ展示

自動運転やADAS、コネクティッド・カーなど、次世代の車載システム開発に向けた、セキュリティ対策やソフトウェアプラットフォーム開発について、最新のソリューションをご提案します。
また、共同出展社のバーテックスによるセッションも行いますので、ぜひご聴講ください。

●コネクテッドカーの安全確保

自動車業界では現在、自動運転/ADASやコネクテッドカーに対する取り組みが急速に進んでおり、より高い安全性を実現するシステム開発が求められています。
本セッションでは、ソフトウェア面における安全性・信頼性に優れた車載システム開発環境を紹介するとともに、コネクテッドカーに求められる安全性とセキュリティデザインについて解説をします。

●開発期間の短縮、信頼性を向上できる、効率的なプログラム開発

組込みシステムは、ハードウェアの高性能化もあり、年々複雑化しており、より高い信頼性が求められています。 しかし、その一方で、開発期間やコストは削減され、開発現場では様々な課題を抱えています。
本セッションでは、ISO 26262、およびIEC 61508の機能安全の認証取得した統合開発環境MULTIで、これらの課題に対応した効率的なプログラム開発を紹介します。

●今からでも間に合う、安全なソフトウェアプラットフォーム開発

ワンチップマイコンから大容量のメモリと様々な周辺デバイスを搭載したSoCへと時代は移ってきています。扱う情報量の増加に伴って複雑化するソフトウェアに加え、現場は、従来よりもさらに短期間での開発を強いられています。
本セッションでは、このようなニーズに合うシステムプラットフォームと併せ、安全性・信頼性に優れたソフトウェア統合を支援する開発環境について紹介します。

●AUTO City「AIの開発・検証をスピードアップ」
   (共同出展社:バーテックス)

高度な安全性が求められるADASや自動運転用AIの検証には、膨大な数の走行映像、および空間データが必要とされています。しかし、様々な天候やヒヤリハット等を含めた映像を、すべて実写で収集するには限界があります。バーテックスのAUTO Cityでは、実写では再現が困難な現象の再現の他、膨大な数のバリエーションのテスト環境を提供することができます。
本セッションでは、AUTO CityとCarSimを連携させた挙動シミュレーション、およびLiDARの点群データのリアルタイムレンダリングのシミュレータについて紹介します。


【 共同出展 】バーテックス株式会社

●AI開発・検証を加速するバーチャル環境


VERTechsのWebサイトはこちら
VERTechsは「現実は想像を超えられないが、創造は現実を超える」CG技術とシミュレーション技術で、自動運転のAI開発に最適な教師データと検証データのバーチャル環境を提供します。

本展では、自動運転開発に最適化されたバーチャル検証環境である「 AUTO City」を出展します。「AUTO City」のCGデータセットは、AI開発の検証のために無限の交通シナリオの作成を可能にし、オプション提供されるカメラやLiDARと挙動シミュレータが連携可能です。ディープラーニング用CGデータとしても有効です。

AIの機能検証と学習データの生成

無限のバリエーションを生み出す、AIに最適化されたCGデータセット

本展に関するお問合せ

営業本部 営業部まで E-mail:sales@adac.co.jp / TEL:03-3576-5351

▲イベント・セミナーに戻る