2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2006年

Green Hills Software 社が、『TimeMachine™ 』による新たな革新的データ収集 ソリューションを発表  (2006年4月18日)

Green Hills Software 社(以下、GHS 社)は、全ての組込みソフトウェア開発技術者が利用可能な TimeMachine™ によるメモリ内データ収集( In-Memory TimeMachine™ )と、PCI スロット上でのデータ収集( TraceEdge™-PCI )の 2 つの新しいテクノロジーを発表しました。

これらの新しいテクノロジーにより、トレース機能のないプロセッサを使用する場合でも、革新的な TimeMachine™ の機能を利用することが可能になります。

TimeMachine™ は、ソフトウェアの実行履歴を視覚化し、過去の状態を再現しますので、バグを容易に素早く発見することができ、その結果、信頼性の高い製品を短期間で市場に投入することができます。

この新しいテクノロジーは、アプリケーションの再コンパイルを必要とせず、特許出願中*の特別なメカニズムにより、TimeMachine™ で利用できるデータが収集できます

In-Memory TimeMachine™ によるデータ収集

新機能である In-Memory Timemachine™ によるデータ収集により、全ての組込みソフトウェア開発技術者は、どのようなプラットフォーム上でも TimeMachine™ の全ての機能が利用できるようになりました。

これにより開発プラットフォームに対し、特別なハードウェアや、プラットフォームの変更なく TimeMachine™ を利用できますので、より早くシステムのデバッグ、最適化、およびテストが可能となります。

またIn-Memmory TimeMachine™ によるデータ収集でも、これまでの TimeMachine™ によるデータ収集と同様に、アプリケーションの再コンパイルは不要です。

TraceEdge™-PCI によるデータ収集

TraceEdge™-PCI は、多くの組込み機器で利用可能な PCI スロットにハードウェアアダプタを挿入することにより、TimeMachine™ で利用可能なデータ収集を行います。

PCI スロットに挿入された TraceEdgeハードウェアアダプタは、SuperTrace™ Probe に接続され、収集されたデータがホストに転送されます。

また、GHS 社のリアルタイムOS(RTOS)であるINTEGRITY® のほとんどのパッケージには、アダプタと接続するのに必要な PCI デバイスドライバが標準でバンドルされています。

サポートプロセッサ

In-Memory TimeMachine™ によるデータ収集や、TraceEdge™-PCI によるデータ収集は、全てのPowerPC®、MIPS® プロセッサで利用可能です。

また SuperTrace™ Probe は、トレース機能を内蔵した ARM®、PowerPC®、MIPS®、およびV850プロセッサなど、多くのプロセッサで利用可能です。

近い将来、さらに多くのプロセッサがサポートされる予定です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る