2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2010年

2010/12/8
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

ルネサス エレクトロニクスとGreen Hills Software社が、
リアルタイム制御に適したCPU仮想化技術対応ソフトウェア開発環境の共同開発に合意

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:河原 隆、以下 ”ADaC”)は、同社製品パートナーである Green Hills Software社(本社:米カルフォルニア州サンタバーバラ、CEO:ダン・オダウド、以下”GHS”)と、ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:赤尾 泰、以下”ルネサス”)が、リアルタイム制御に適したCPU仮想化技術に対応する基本ソフトウェアおよびソフトウェア開発環境の共同開発に合意したことを発表します。

この共同開発によりルネサスは、多様な制御処理をリアルタイムで高速に実行する仮想化ソフトウェアの効率的な動作およびソフトウェア開発環境のユーザビリティ向上に必要な付加機能の開発を行い、V850をCPUとするマイコンへ導入します。またGHSは、既存のV850対応のコンパイラ、デバッガなどを含む統合開発環境『MULTI®』および複数のアプリケーションを独立かつ同時に同一のCPU上で動作させることができる同社製のリアルタイムOS『INTEGRITY®』などの仮想化対応ソフトウェアに対応させる移植を行います。

今回開発するソフトウェア開発環境では、V850が導入する仮想化技術に最適化されたコンパクトかつ高速実行可能な命令コードの生成、およびIEC61508(※注)などの規格準拠で実績のある『INTEGRITY®』をはじめとする仮想化ソフトウェアとの組合わせにより、機能安全に必要なシステム/ソフトウェアの開発手法および機能安全を満足するシステムの実現手法を効率良くサポートします。また、将来的にはISO26262機能安全規格対応など、セキュリティをサポートする機能への取り組みも行っていく予定です。

ルネサスは、産業機器や車載システムなどリアルタイム制御が重視される分野において多様な制御処理を高速かつ複合的に実行するため、ひとつのCPUで複数のシステム制御を相互干渉なく実行可能な仮想化技術をV850向けに開発しています。

一方GHSは、仮想化ソフトウェアを含む基本ソフトウェアやソフトウェア開発環境を提供しており、仮想化環境での設計容易化に貢献しています。

このような状況のもと、ルネサスは、仮想化技術を効率よく利用するためには基本ソフトウェアを含むソフトウェア開発環境の充実が重要と考え、仮想化ソフトウェアおよびソフトウェア開発環境開発企業として著名であり、1994年以来、V850のソフトウェア開発環境の強化において協業関係にあるGHSを、またGHSは制御系CPUにおいて革新的かつ高い品質の半導体製品を提供することで著名なルネサスをそれぞれ評価し、今回の共同開発を決めました。

共同開発の成果となるソフトウェア開発環境は、GHSから販売されている『MULTI』(V850版)の一機能として提供される予定です。

※注:IEC(国際電気標準会議)が制定したコンピュータ・ソフトウェアを含む
電気・電子・プログラマブル電子の機能安全に関する国際規格。

■ ルネサス エレクトロニクス株式会社(ルネサス)について

ルネサス エレクトロニクスは、進化したセミコンダクターソリューションの主要サプライヤ―です。マイクロコントローラのサプライヤーとして世界をリードし、マイクロコントローラ、SoCソリューション、幅広いアナログとパワーデバイスを提供しています。

2010年4月、NECエレクトロニクス株式会社と株式会社ルネサス テクノロジは合併し、ルネサス エレクトロニクス株式会社として企業活動を開始しました。現在、幅広いアプリケーションに対し、研究・開発・設計・製造にまたがり活動しています。日本に本社を置くルネサスは、世界20箇所に子会社を展開しています。ルネサスに関する詳しい情報は、http://www.renesas.com/ をご覧ください。

■ Green Hills Software,Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は、1982年の設立以来、組込みシステム開発における最適なソリューションを提供する業界トップクラスのリーディングカンパニーとして、米国本社をはじめ世界30箇所に営業拠点を展開しています。

世界最高レベルのセキュリティ性(EAL6+認定)を取得したリアルタイムOS 『 INTEGRITY® 』をはじめ、世界中で数多くの実績を誇る統合開発環境『 MULTI® 』など、高い安全性と信頼性のある組込みシステム開発ソリューションが、軍事、航空電子工学、医療、産業、自動車、ネットワーク、民生など、幅広い分野で採用されています。GHSに関する詳しい情報は、http://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年の設立以来、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、開発・販売・サポートの3つを柱に、それぞれの時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。

ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Green Hills Software社の代理店として、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。また、CAN/FlexRayの設計・解析ツールやコンフォーマンス認証などの車載ネットワークソリューションにも力を入れています。ADaCに関する詳しい情報は、http://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

本件に関するお問合せ

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 〒170-0004 東京都豊島区北大塚1-13-4 日本生命大塚ビル
TEL:03-3576-5351 / FAX:03-3576-1772
E-mail:planning@adac.co.jp


※記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る