2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2012年

2012/10/1
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills Software、Green Hills Compiler 2012.5を発表

~プロセッササポート、高信頼性機能、スピード最適化に関する大規模な補強~

米ボストン、2012年9月18日発表 – 最大手の独立系組込みソフトウェアソリューションプロバイダであるGreen Hills Software社(以下GHS)は、Green Hills Compilerの新リリースを発表しました。このリリースによってGHSは、もっとも広い範囲の組込みデバイスをサポートしながら、製品性能と信頼性を最大限に高め、開発コストと生産コストを最小限に抑えることができるツールの提供を続けます。

すぐ使える新しいサポートが対象とする最先端のプロセッサは、以下のものです:

  • Freescale Semiconductor:Qorivva MPC57xx自動車向けプロセッサ群。同社の並行されたロードマップに沿って最初にリリースされたプロセッサ群
  • Freescale Semiconductor:AltiVecサポートを付帯したe6500コアQorIQ T4240ネットワークプロセッサ
  • Freescale Semiconductor:最新PX-シリーズマイクロコントローラ群
  • ARM:Cortex-A7、Cortex-R5、およびCortex-R7
  • ルネサス:RH850


ソフトウェア信頼性、効率、および生産性の改善に対し、以下のように役立ちます:

  • 最大スタック使用率を静的に計算するユーティリティは、再帰、割込み、関数ポインタなど、従来対応できなかった特徴的機能を使用しているプログラムに対しても使えます。この強力で新しいユーティリティは、開発者がスタックオーバフローを回避したり、複雑なシステムにおけるメモリ要求を低減したりすることを助けるので、信頼性を向上し、コストを大きく削減することに役立ちます。
  • 新世代のカバレッジ解析技法を用いることによって、カバレッジのコード埋め込みの効率を劇的に改善しているので、開発者が行う厳格なテスティング、および品質管理に権限を与えることができます。
  • 進歩した最適化によって、これまで足枷になっていた「C++のパフォーマンス低下」に縛られることなく、開発者は自由にC++プログラミングの抽象の便益を享受できます。
  • 大多数のメモリ制約の大きい組込みシステムにおいて、実行時のスタック使用を低減し、思い切った速度最適化を可能にします。
  • CPUに依存、および非依存する新しい最適化技法によって、業界で最小かつ最速のコードを生成します。


IDCのリサーチマネージャであるMichael J. Palma(マイケル・J・パルマ)氏のコメント:

「組込み市場では、市場投入までの時間制約、リソース制約、およびプログラミング効率は、開発者にとって厳しい課題です。Complier 2012.5は組込み開発技術者が取組む、広い範囲のプロセッサ、およびプロセッサアーキテクチャをサポートし、厳しいアプリケーション環境における開発時間低減、コード最適化を可能にするツールを提供しています。」


Green Hills Software社 エンジニアリングディレクターであるNikola Valerjev(ニコラ・バレイェフ)のコメント:

「弊社の技術チームは、ユーザとの共同作業に多くの時間を費やして、ユーザの抱える課題を観察し、ユーザの開発プロセスと製品品質に大きな建設的インパクトを与える機会を求めます。何よりもまず、Compiler 2012.5は、実際の組込み開発者が抱える課題に対応した成果のひとつです。」


利用状況
Green Hills Compiler 2012.5は、ARM、Power、x86、V850、RH850、MIPS、およびColdFireプロセッサアーキテクチャで直ちに利用可能です。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Green Hills Software社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。また、CAN/FlexRayの設計・解析ツールやコンフォーマンス認証などの車載ネットワークソリューションにも力を入れています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3576-5351 / FAX:03-3576-1772
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software, および INTEGRITYは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標、または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る