2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2012年

2012/10/25
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills Software、AUTOSARサポートをINTEGRITY RTOSに追加

~今回の機能追加によって、自動車OEM、およびTier 1は、
クリティカリティが混ざったECUサービスが提供する機能を混成し、安全に組合わせる能力拡大が可能に~

米デトロイト、2012年10月16日発表 – 最大手の独立系組込みソフトウェアソリューションプロバイダであるGreen Hills Software(以下GHS)は、適格なAUTOSAR(AUTomotive Open System ARchitecture)のアプリケーションプログラミングインタフェース(API)が、業界最高レベルのリアルタイム・オペレーティングシステム(RTOS)であるINTEGRITY®で利用可能になったことを発表しました。

安全とセキュリティが認証されたGHSのINTEGRITYは、既に豊富に用意されたOSEKとPOSIX用の標準APIに加え、新たにAUTOSAR APIを利用可能にすることによって、ECU(電子制御ユニット)が拡張し続けるという現在の自動車開発が直面するジレンマを解決しようとする、自動車メーカーが辿るべき道筋を明らかにしています。現代の自動車には、マイクロプロセッサベースのECUが80基以上搭載されており、その数は従来の設計手法が原因となって増え続けています。ECUの増加は、自動車のコスト、複雑性、品質、および市場投入までの期間にマイナスの影響を与えています。INTEGRITYの実績ある機能分離能力と、自動車電子機器に目標を合わせた拡張APIは、効率的で実績のあるECU複合化戦略を実現し、この増加問題に対する対処を可能にします。開発者は、GHSのもつセーフティ・クリティカルシステムと複合化に関する幅広い市場経験を活かして、機能性と品質を犠牲にすることなく、車載ECUの数と複雑度を低減できます。

Green Hills Software社 Business Development
Vice President であるDan Mender(ダン・メンダー)のコメント:

「GHSは10年以上もの間、世界的に見てクリティカルな(困難度、重要度の高い)組込み市場において、保証された「相互干渉なし」の基で行うECU複合化という難題を解決するための支援をしてきました。今回追加されたサポートは、自動車OEMやTier 1が、過去の機能を新しいシステム能力に安全確実に統合するという難題に対応するための能力を拡張します。」


GHSによるAUTOSARのサポートは、統合開発環境 MULTI®が自動車業界向けツールチェーンとして初めて厳しいISO 26262規格の認証を受け、自動車安全度水準の最高ランクASIL Dとして利用可能になったという最近の発表(http://www.adac.co.jp/news/news_press-release/2012/20120919_ghs_1.html)を、さらに発展させたものです。適格なAUTOSAR APIは、業界大手プロバイダのAUTOSAR開発ツールに統合され、ターゲットプロセッサであるMCAL(Microcontroller Abstraction Layer)上でテストされたもので、AUTOSARアプリケーションがINTEGRITYベースのプラットフォームにおいて、シームレスに協働できるようになります。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Green Hills Software社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。また、CAN/FlexRayの設計・解析ツールやコンフォーマンス認証などの車載ネットワークソリューションにも力を入れています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3576-5351 / FAX:03-3576-1772
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software、 および MULTI、INTEGRITYは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標、または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る