2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2013年

2013/6/20
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills Software、およびSymphony Teleca Corporationが、自動車産業向けEthernet AVBで連携

~低コスト・高性能の車載ネットワークサービスと、
業界をリードする高セキュリティ・高信頼プラットフォームを組合せ~

米ミシガン州ノバイ2013年6月5日発表 – 独立系で最大手の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダであるGreen Hills Software(以下、GHS)と、ソフトウェア、クラウド、およびそれに接続されるデバイスのグローバルな集約マネジメントに関して顧客を支援することを専門とするサービス会社 Symphony Teleca Corporation (以下、Symphony社) は、Symphony社の「Ethernet Audio Video Bridging」 ソリューションを、GHSの安全でセキュアなリアルタイムOS INTEGRITY®(以下、INTEGRITY)、およびそのINTEGRITY Multivisor™テクノロジと統合するために、連携することを発表しました。両社によるソリューションの組合せは、自動車OEM、およびティア1に対して、Ethernet AVBソリューションに向けた迅速、かつ低リスクの道のりを、当該ネットワークサービスのセキュリティ、可用性、スケーラビリティに関する要求を満たしながら提供するものです。

Symphony社のEthernet AVBソリューションは、ネイティブのINTEGRITYと単独で統合して使うことができますが、加えてINTEGRITY Multivisor仮想化プラットフォームと完全に統合し、ネイティブのINTEGRITYアプリケーション、Linux・Androidなどの高位ゲスト・オペレーティングシステム (HLOS) に対して、Ethernet AVBメッセージをセキュア、かつ確実に送信できるようにします。


Symphony社 Senior Vice President AutomotiveであるDean Miles(ディーン・マイルズ)氏のコメント:

「次世代車両にEthernet AVBが実装されれば、AndroidなどのHLOSをベースにしたハイエンドインフォテイメントシステムから、最小のプロセッサ、およびメモリ資源をもった基本的車載カメラまで、幅広いユースケース (use case) の取合せが展開されるでしょう。Green HillsのリアルタイムOS INTEGRITY、およびINTEGRITY Multivisor仮想化テクノロジと統合することによって、お客様から対応を求められる要求の全域をカバーし、同時に最高水準のセキュリティと信頼性をもつEthernet AVBアクセスを車両に提供することができます。」


Symphony社のEthernet AVBソリューションは、低価格で、スケーラブル、フレキシブル、剛健 (robust) 、かつセキュリティが保証された車載ネットワークを提供して、自動車分野の顧客が、コストと複雑性の課題を克服しながら次世代・車載インフォテイメントシステム・ソリューションを提供することを支援します。Symphony社は、Ethernet AVBの機能を実現するチップセットを提供したい半導体メーカー、Ethernet AVBベースのネットワークを検討している自動車OEM、またはEthernet AVB機能をもつECUや、部品を提供する計画をもつティア1サプライアに対して、完備したソリューションを提供します。
GHSとSymphony社のソリューションの主な特長は次の通りとなります。

  • 最新のAVnu Automotive Requirements Documentに完全準拠
  • IEEE 802.1AS、802.1Qav、IEEE 802.1Qat、IEEE 802.1ba、IEEE 1722に対するエンドポイントの実現
  • 61884–4(MPEG2-TS)、1722a MJPEG AVTP Mapping をサポート(他のフォーマットは将来サポート予定)
  • チップに対するハードウェア・アクセラレータを活用して、スタック性能改善、およびCPUオーバーヘッド削減を実現するフレキシブルな設計
  • ネイティブのINTEGRITY上で提供する場合に可能となる小さなフットプリント、高性能、および証明されたセキュリティ
  • INTEGRITY Multivisorテクノロジ上で提供する場合に可能となる、HLOSから独立し、セキュアで高信頼のEthernet AVBアクセス
  • 主要半導体ベンダ、すべてに適応可能


GHS の主力なランタイムソリューションはINTEGRITYです。INTEGRITYの成功の要因は、先進的な分割カーネルアーキテクチャで、一体化されたメモリ保護、保証されたリソース可用性、セキュアなリモート管理、確定的なリアルタイムレスポンスなどを備えていることです。INTEGRITYのテクノロジは、工業安全における数多くの安全性、およびセキュリティ標準(すなわち、最高水準の工業安全性認証(IEC-61508 SIL 3)、最高水準のセキュリティ認証(共通評価基準-ISO/IEC 15408)、鉄道安全(EN 50128 SWSIL 4)、医療(FDA Class III)、航空宇宙(DO-178B Level A))、およびセキュリティ水準においてソフトウェア製品が達成し得る最高の共通評価基準であるEAL 6+ (Evaluation Assurance Level 6+) のHigh Robustness (Requirements in a Common Criteria Protection Profile内の1項目) に対して、それぞれ個別に認証を受けています。

GHS のINTEGRITY Multivisorテクノロジは、セキュリティが認証された分離カーネルテクノロジINTEGRITYの上に構築された唯一の仮想化ソリューションであり、INTEGRITYは、システムサービス、ゲスト・オペレーティングシステム、およびシステムデバイスの間に、高度に確証された分離を提供するほか、セキュリティ機能性、および高速ブート・リアルタイムアプリケーションなどのようなクリティカルなアプリケーションに対して、ネイティブなオープン・スタンダード実行環境を提供します。INTEGRITY Multivisorテクノロジは、準仮想化、ハードウェアハイパーバイザによるアクセラレーション有り、または無しによる完全仮想化など、いくつかの手段が整備されています。


Green Hills Software社 Business Development, Vice President であるDan Mender(ダン・メンダー)のコメント:

「Ethernet AVBは次世代の車載バス向けの新しい接続ソリューションとして急速に台頭しています。GHSは、Symphony Teleca社と共同で、リアルタイムOS INTEGRITYがもつ独自に認証された経歴と、世界で最もセキュアで信頼性の高いシステムに導入されてきた実績と、高性能のEthernet AVBソリューションという提議を組合せることができるようになり、大変嬉しく思います。」

■ Symphony Teleca社について

Symphony Teleca Corporationは、米国カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置く、グローバルなイノベーションと開発サービスを展開する企業です。独立系ソフトウェアメーカー、モバイル機器・モバイルソリューションメーカー、および関連する分析を事業とする企業に、概念化、設計、開発、管理されたサービスを提供しています。クライアントはSymphony社との連携を活用して、革新的なSaaS/クラウドの企業向けソフトウェア製品や、モバイルソフトウェア製品、およびソリューション、ビッグデータ・解析サービス、およびソリューション、企業向けモバイルソリューションなどを実現しています。Symphony Teleca社は、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカにデリバリーセンターを置き、全世界に35カ所を超えるオフィスを構え、6,000人以上の従業員とともに、急成長しているグローバル企業です。Symphony社に関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.symphonyteleca.comをご覧ください。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Green Hills Software社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。また、CAN/FlexRayの設計・解析ツールやコンフォーマンス認証などの車載ネットワークソリューションにも力を入れています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3576-5351 / FAX:03-3576-1772
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software、およびINTEGRITY、Multivisorは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る