2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2014年

2014/9/10
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Symtavision社、Symtavision News Conference 2014で
SymTA/S 3.6、およびTraceAnalyzer 3.6のプレビュー
~System Distribution Analysis(システム分布解析)、マルチコア・データ整合性解析、
AUTOSAR 3.x / 4.xのサポート、トレースインポートを大幅に改善~

独ブラウンシュヴァイク、2014年9月10日発表 - 組込みリアルタイムシステムのプランニング、最適化、および検証に向けたタイミング解析ソリューションで世界をリードするSymtavision社(以下、Symtavision)は、2014年9月10日~11日にドイツのブラウンシュヴァイクで開かれるSymtavision News Conferenceで、Symtavisionの優れたシステムレベルのタイミング設計、およびタイミング検証ツールスイートの次期メジャーバージョン、SymTA/S 3.6のプレビューを発表します。このバージョンは、システム分布解析の性能や、メモリ使用量、FlexRayのサポート、起動動作の解析、それにマルチコア・データ整合性解析の拡張、AUTOSAR 3.x / 4.xのサポート、およびトレース情報のインポートなど、さまざまな点で大きく改善されています。

新バージョンであるSymTA/S 3.6では、システム分布解析の性能がさらに向上しました。関連顧客の使用事例では、SymTA/S 3.6の場合、最大で20倍以上高速になるケースもありました。解析時のメモリ使用量も大きく削減され、以前の実行1回分のメモリ使用量で100回分以上も実行できるようになりました。FlexRayのシステム分布解析のプレビューでは、動的セグメントのフレーム変位やデータ損失、サイクルごとの使用 / 未使用スロットなどの解析が容易になりました。システム分布解析の立上り挙動を検証する機能もSymTA/S 3.6で強化され、エレメントの開始点を明確にモデリングすることで起動動作のシミュレーションが容易になりました。またユーザ定義の起動パターンを指定することも可能です。

SymTA/S 3.6ではマルチコア・システムのデータ整合性解析も改良され、変数呼出しの形式を明確にモデル化できるようになり、多数の変数を持つシステムの解析性能も向上しました。さらに、AUTOSAR 3.x / 4.xインポータの拡張によりVector DaVinciの生成するARXMLファイルのサポートや、不完全なARXMLファイルからより多くの情報を抽出することができるようになりました。また、SymTA/SとTraceAnalyzerのトレースインポートは新しいLauterbach Trace32インタフェースと連動するようになり、wait-release動作など、より詳細なトレースもサポートします。

Symtavision社 CEOであるMarek Jersak(マレック・ジェルサック)のコメント:

「間もなくリリースされるSymTA/S 3.6では、システムレベルのタイミング設計、およびタイミング検証の幅を広げます。毎年開催しているSymtavision News Conferenceで発表する予定のプレビューバージョンでは、SymTA/S 3.6、およびそれ以降のバージョンに盛込む大きな改善点や拡張機能を一早くお客様にお見せします。」

■ Symtavision GmbH(Symtavision)について

Symtavision社は、業界最高水準を誇るシステムレベルのタイミング設計、および検証用ツールと、早期段階の見積から最終検証まで、付随するコンサルティング/エンジニアリングサービスを提供します。Symtavisionのツールはカーエレクトロニクスの分野で広く普及し、あらゆる業界規格をサポートしています。また、オートメーション、マルチメディア、通信、運輸など他の市場でも多く利用されています。
本社は独国ブラウンシュヴァイクで、支社をミュンヘンとトロイ(米国、ミシガン州)に構えており、全世界に拡がる代理店ネットワークにサポートされています。日本では、Symtavisionの代理店である株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。
Symtavisionに関する詳しい情報は、Webサイト http://www.symtavision.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Symtavision社の代理店として、タイミング検証・最適化ツールを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。またGreen Hills Software社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションも提供しています。
ADaCに関する詳しい情報は、Webサイト http://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3576-5351 / FAX:03-3576-1772
E-mail:planning@adac.co.jp


*Symtavisionは、独国におけるSymtavision GmbH の登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る