2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2016年

2016/1/27
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills Software、コネクテッドカーで安全かつセキュアな
CarPlay、およびAndroid Autoを実現
~ INTEGRITY Multivisorが、AllGo社のRACE Smartphone Connectivityと、
安全性、およびセキュリティの制約が厳しい機能を統合 ~

米ネバダ州ラスベガス 2016年1月5日発表 - 高く保証されたOS分野の世界的なリーダーであるGreen Hills Software(以下、GHS)は、Apple CarPlay、およびAndroid Autoのサービスへの管理アクセスを用途に、INTEGRITY® Multivisor™(以下、Multivisor)仮想化プラットフォームと、AllGo Systems社(以下、AllGo社)のRACE Smartphone Connectivityテクノロジを統合したことを発表しました。トラステッドなリアルタイムOS INTEGRITY(以下、INTEGRITY)を土台とするMultivisorは、セーフティでセキュリティクリティカルな車載機能に、Linux、QNX、Android、またはWindowsといったコンシューマOSを統合させる、柔軟なソフトウェアアーキテクチャを提供します。その結果、自動車メーカーは、セキュリティ、安全性、およびリアルタイム性能に対する市場固有の要件を満たしながら、CarPlay、およびAndroid Audioのサービスをコネクテッドカーに、シームレスに統合することが可能となります。

iPhone、およびAndroid端末のコネクティビティは、コネクテッドカーインフォテインメントの実績上、もはや必須となっており、とてつもないユーザー利便性を自動車の車内にもたらします。しかしながら、適切な安全性、およびセキュリティへの配慮を怠りながらこうした機能を統合することは、安全性のリスクを高めるばかりか、新たなセキュリティの脆弱性をも生み出します。

自動車に対しCarPlay、およびAndroid Autoの安全でセキュアな統合をしやすくするために、GHSは、安全でセキュアなMultivisor上のLinux ゲストOSで動作するAllGo社のRACE Smartphone Connectivityサービスの実行と分離をサポートします。その一方で、Multivisorの付加的なパーティションが、INTEGRITYのネイティブタスクとして実行する、インストルメントクラスタ、車両診断、またはADAS(先進運転支援システム)といったクリティカルな機能の共存を同時に保護してくれます。

Multivisorは、安全性とセキュリティの両方が最高レベルで独自に認定を受けたソフトウェアテクノロジに基づく、唯一のハイパーバイザです。それが有する組込み向け仮想化アーキテクチャは、自動車、航空電子機器、企業向けワークステーション、および兵器システムに10年以上展開されてきた実績を誇ります。さらには、コンフィギュアブルなソフトウェアパーティション、ハードリアルタイムとセーフティクリティカルな処理、1個ないし複数のゲストOSのホスティングなどに対するマルチコアシステムの仮想化と、トラステッドなINTEGRITYのマイクロカーネルを兼ね備えます。


AllGo Systems社 Director & CEOであるK. Srinivasan(K. スリニヴァサン)氏のコメント:

「CarPlay、およびAndroid Autoといった自動車のヘッドユニットのコネクティビティテクノロジは、ヘッドユニットの主流になりつつあります。AllGo社のRACE Smartphone Connectivityによって、スマートフォンがヘッドユニットのHMI(Human Machine Interface)にアプリケーションを渡すことが可能となるため、自動車メーカーから提供されるインフォテインメントが格段に拡張されます。INTEGRITY Multivisorによって、同一プロセッサにセーフティクリティカルな機能を追加するオプションがあることは、大きなプラスとなります。」


NXP™ Semiconductors社 車載用プロセッサのglobal product marketing managerであるDan Loop(ダン・ループ)氏のコメント:

「自動車メーカーは、当社のi.MX 6シリーズプロセッサで動く自社のインフォテインメント設計に、モバイルデバイスのコネクティビティをさらに追加し続けています。INTEGRITY Multivisorのトラステッドな実行環境で動作するAllGo社のスマートフォンのコネクティビティは、ユーザーに新たなレベルの利便性とエンタテインメントをもたらしつつ、同時にこれらの機能をセーフティクリティカルなタスクから安全に分離してくれます。」


Multivisorの32ビット、および64ビットのプロセッサ向けの包括的なサポートは以下の通りです。

  • 保護されたLinux ゲストOS上で動作するApple CarPlay、およびAndroid Auto向けのAllGo RACE Smartphone Connectivity
  • セーフティでセキュリティクリティカルなリアルタイムタスクと一緒に安全に実行される、コンフィギュアブルなソフトウェアパーティションを利用する1個ないし複数のゲストOSのセキュアマルチコアシステムの仮想化
  • 32ビット64ビットを問わず両方のプロセッサに対する、ARM®アーキテクチャの仮想化拡張機能(VE)、およびIntel® Virtualization Technologies(Intel VT-x、およびVT-d)のハードウェアアクセラレーションを介した最大の仮想化性能
  • クリティカルなタスクとゲストOSの間で周辺機器を安全に共有
  • GHSのマルチコアデバッガ、動的実行解析ツール TimeMachine™、32ビットと64ビットのC/C++最適化コンパイラ、MISRA Cのサポート、プロファイラに加え、その他多くの統合された時間短縮ツールを特長とする統合開発環境 MULTI®
  • ハードウェアの立上げ、低水準のデバッギング、トレースによる可視化を実現するGHSのハードウェア・デバッグプローブファミリ
  • システム、およびセキュリティのアーキテクトと協力して、レガシーコードの移植、デバイスドライバの最適化、システムの安全性とセキュリティという困難な挑戦に立ち向かいながら、パフォーマンスの最適化と開発者の生産性に関するコンサルティングサービスを提供する、GHSの組込みソフトウェアエキスパート

■ AllGo Systems社について

2005年に設立されたAllGo Systemsは、一流の製品設計会社であり、自動車、およびコンピュータビジョン市場向けのマルチメディアソリューション、ライセンス型のMultimedia / Smartphone Connectivityソフトウェア、ADASソリューション、およびマルチメディアコーデックを世界中の自動車関連の顧客に提供することに注力しています。実績を誇る同社のメディア、およびコネクティビティのミドルウェアと、AllGo SystemsのBSPの開発、およびシステム統合の機能の組合せにより、高品質のインフォテインメントソリューションのワンストッププロバイダになっています。AllGo Systemsの企業グレードの先進的な映像アナリティクスソリューションであるAllGoVisionは、映像監視の市場で世界中に配備されています。インド、米国、および中国に拠点があり、世界中で販売、およびサービスを展開しています。AllGo Systemsに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.allgosystems.com/ をご覧ください。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Green Hills Software社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。また、CAN/FlexRayの設計・解析ツールやコンフォーマンス認証などの車載ネットワークソリューションにも力を入れています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3576-5351 / FAX:03-3576-1772
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software、およびINTEGRITY、Multivisor、MULTI、TimeMachineは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る