2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2016年

2016/6/2
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

DURA Automotive Systems社、先進運転支援向けに
Green Hills Softwareのプラットフォームを選択
~ 安全性、およびセキュリティが担保されたリアルタイムOS INTEGRITYによって、
DURA社の高度に自動化された運転制御システムがパワーアップ ~

米テキサス州オースティン 2016年5月18日発表 - 高く保証されたOS分野の世界的なリーダーであるGreen Hills Software(以下、GHS)は、DURA Automotive Systems社(以下、DURA社)の高度に自動化された運転制御システムのパワーアップに向けて、安全でセキュアなリアルタイムOS INTEGRITY®(以下、INTEGRITY)を特長とするGHSのADAS向けプラットフォームが選ばれたことを発表しました。この制御システムは、ビジョン、車両、およびレンジベースのセンサデータを統合しながら、一方で、ブレーキ、ステアリング、さらにパワートレインといったクリティカルなシステムに、安全かつセキュアな指示を行います。64ビットのNXP S32V200ファミリの車載プロセッサ上で、INTEGRITYのセキュアかつ安全な分離アーキテクチャを活用しているため、この高度に自動化された運転制御システムは、先進運転支援システム(ADAS)の最新機能を搭載した、オープンかつ非常にセキュアでスケーラブルなプラットフォームを構築する自動車メーカーに完璧に適合しています。

● 高度に自動化された運転制御システム

自動車メーカー各社は、過酷な基準によるセキュリティと安全性を満たす自動化された運転機能の導入にしのぎを削っています。DURA社の高度に自動化された革新的な運転制御システムには、ソフトウェア、ビジョン、通信、およびレンジベースのセンサを完備した専用の制御モジュールが組込まれています。このモジュールは、洗練された画像処理アルゴリズム、および最新のV2V(vehicle-to-vehicle)とV2I(vehicle-to-infrastructure)通信に不可欠なV2Xハードウェアとソフトウェアを特色とします。GHSのINTEGRITYは、ビジョン認識、センサフュージョン、および車両ダイナミクスのために用意されたクリティカルなソフトウェア機能を、安全かつセキュアに実行するトラステッドな実行環境です。このシステムは、省電力のエンベロープを維持することによってパッシブクーリングやコンパクトパッケージングを可能とし、システム自身を世界中の自動車メーカーによるインテグレーションに完璧に適合させます。

DURA Automotive Systems社 chief operating officerであるNizar Trigui(ニザール・トリグイ)氏のコメント:

「当社の高度に自動化された運転制御システムは、非常にセキュアな次世代の半自動機能の開発に向け、スケーラブルでオープンなアーキテクチャを探し求める自動車メーカーにとって、重大な分岐点となります。当社は、ビジョン認識、および自動運転制御に対する当社の洗練されたアルゴリズムを実行するトラステッドな環境として、自身の安全性、およびセキュリティが証明されたアーキテクチャであるGHS社のINTEGRITYを選択することになりました。」


Green Hills Software社 創業者・社長兼CEOであるDan O'Dowd(ダン・オダウド)のコメント:

「DURA社が同社の高度に自動化された運転制御システムに対するトラステッドな実行環境として、当社のINTEGRITYを選択してくれたことを非常に光栄に思います。DURA社の高度に自動化された運転制御システムは、次世代の自動運転機能を迅速に展開したいという自動車メーカーの要望に対応しています。我々の先進的な統合開発環境 MULTI®と結びついた安全でセキュアなINTEGRITYは、世界中の自動車OEM、およびティア1のセーフティクリティカルな自動車サブシステムで幅広く利用されており、当社のこうした強みをDURA社のソリューションに導けることを誇りに思います。」


GHSのADAS向けのプラットフォームは、機能安全認証を受けたINTEGRITY、INTEGRITY® Multivisor™仮想化ソリューション(以下、Multivisor)、および機能安全認証を受けた統合開発環境 MULTI(以下、MULTI)を提供しながら、NXP S32V200ファミリのプロセッサのような32ビット、および64ビットのSoC上でのADASデバイスの開発、認証、および展開に対し、常に業界をリードしています。

  • クリティカルなマルチコアADASアプリケーションを安全でセキュアに実行する最もトラステッドな分離アーキテクチャ、INTEGRITY。
  • Multivisorのセキュアな仮想化テクノロジは、Windows、Linux、およびAndroidのようなゲストOSと並行してISO 26262認証取得済みのアプリケーションが安全に実行でき、顧客のプラットフォーム内でスケーラビリティとソフトウェアの再利用機会が向上。
  • MULTIは、ISO 26262 ASIL Dのツールチェーン、マルチコアデバッガ、動的実行解析ツール TimeMachine™、MISRA Cのサポート、ならびに他の統合された時間節約機能が特色。
  • APEX-2画像認識プロセッサのデュアルコア、およびNXP社のVision SDKによるビジョンプロセッシング性能の最大化。
  • ARM Neon™命令に対する最適化サポートを含む、ARM® Cortex™-A™、およびCortex-MコアでEEMBC®の記録を打立てたC/C++コンパイラによるマルチメディアと信号処理性能の最大化。
  • Vivante GC3000 OpenGLグラフィックスプロセッシングユニット(GPU)を使って完全にアクセラレートされた3Dグラフィックス。
  • AUTOSAR完全準拠のアプリケーションフレームワークにより、AUTOSARソフトウェアコンポーネントが干渉なし(freedom from interference)でシームレスに実行でき、ソフトウェアの最大限の再利用が実現可能。

■ DURA Automotive Systems社(DURA社)について

Lynn Tilton(リン・ティルトン)氏が所有するDURA Automotive Systems社は、シフト・バイ・ワイヤシステムやヒューマン・マシン・インターフェースといったメカトロニクス制御システム、アクチュエータや高度な自動運転ソリューションといった電子装置、アルミニウムやハイブリッドのマルチマテリアルのクロージャといった軽量構造のボディーシステム、インテリジェントな表面テクノロジによるパワーグラスシステムやデザイナートリムといったエクステリアシステムの分野で世界をリードするイノベータであるメーカーです。同社は、15カ国に拠点を展開しており、世界中の300を超える車両モデルに携わっています。米国ミシガン州のオーバンヒルズに本社を置いています。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、米国 Green Hills Software 社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションや、タイミング検証・最適化ツールなどの自動車関連ソリューションを、日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3576-5351 / FAX:03-3576-1772
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software、およびINTEGRITY、Multivisor、MULTI、TimeMachineは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る