2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2016年

2016/11/11
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills Software、ARMv8-Mアーキテクチャ向けにサポートを拡張
~ 次世代のIoT、および車載デバイス向けの安全性を満たした開発ツール、
デバイスのセキュアな認証管理、および軽量なリアルタイムOS ~

米カリフォルニア州サンタクララ 2016年10月25日発表 - モノのインターネット(IoT:Internet of Things)最大手の独立系ソフトウェアベンダーであるGreen Hills Software(以下、GHS)は、同社が誇る高性能な開発ツール、リアルタイムオペレーティングシステム、および縦深防御(defense-in-depth)セキュリティサービスという幅広くかつ実績のあるポートフォリオに基づき、ARM® Cortex®-M23、およびCortex-M33コアを目玉とした新ARMv8-Mアーキテクチャに対する新たな可能性を発表しました。こうした製品とサービスのポートフォリオは、ARMとそのIPを核とする、数多くのプロセッサラインナップとの数十年間にわたるパートナシップによって築き上げられています。成功を収めている何千社もの顧客が、GHSの製品を使ってCortex-RとCortex-Aのプロセッサファミリと同様、ARM Cortex-Mプロセッサファミリをベースとする医療、自動車、家庭、産業用アプリケーションに向けたデバイスの構築、および展開を行っています。

ARM社 vice president of marketing and strategy CPU GroupであるNandan Nayampally(ナンダン・ナヤンパリー)氏のコメント:

「たとえ最小の組込みデバイスであっても、それに対しセキュリティが供給でき、同時にエネルギー効率が改善されることは、IoTにとってその能力を最大限に発揮するために大変重要です。Cortex-M23、およびCortex-M33プロセッサによって、IoT開発者は、セキュアでエネルギー効率の良いコネクテッドデバイスが作成しやすくなります。これによって、幅広いアプリケーションに対するアーキテクチャ性能の追加はもとより、新たな水準のセキュアなハードウェアパーティショニング、およびデバッグ機能までもがもたらされます。私たちはこれまで、GHS社と連携して市場をリードする、こうした潜在能力をお互いの顧客に対し、一貫して提供し続けてきております。」


ARM社は、新しいARMv8-Mアーキテクチャを実装する最初のプロセッサとして、32ビットのCortex-M23、およびCortex-M33を発表しました。このアーキテクチャは、ARM TrustZone®テクノロジを特長とするだけでなく、Cortex-M0+、Cortex-M3、およびCortex-M4プロセッサを使って、伝統的に構築されていた超低電力でリソースが制約されたデバイスをターゲットにしています。このデバイスの最も適した市場の一環として、電池式、または環境発電(energy-harvesting)によるモニタ、およびセンサ、自動車シャーシシステム、および超低電力のウェアラブルが含まれます。GHSは、システム、およびソフトウェア開発者のためにCortex-M23、およびCortex-M33に、以下の3領域にわたる強みを導きます。

  • 効率的な実行性能
  • デバッグのよりクリアな可視性
  • セキュアなコネクティビティとデバイスのライフサイクル
● セキュリティとIoT

昨今のインターネット接続可能なデバイスの氾濫は、設計者が組込みソフトウェアのセキュリティに最善策を適用しない場合、驚くほど膨大な数のセキュリティ脆弱性を招きます。GHS社の一環であるINTEGRITY Security Services(ISS)は、セキュリティ製品とサービスを提供し、あらゆる業界に対し、スマートコネクテッドデバイスを保護します。ISSは、組込みの暗号ツールキット、TrustZoneのコンサルテーション、認証されたブート、キーインジェクション、ソフトウェアの電子署名、OTA(Over-The-Air)、および複雑なサプライチェーン内にひしめき合うセキュアなデジタル資産の管理などを提案します。

● より少ない労力でより多くを獲得

Cortex-M23、およびCortex-M33で稼働する組込みアプリケーションは、デバイスがもつ効率的な性能に依存しながら、CPUサイクルと電力が限られている製品目標を達成します。33年以上もの間、Green Hills C/C++ 最適化コンパイラは、最小限のコードサイズによって、開発者に最大限のCPU性能(競合コンパイラと比較して最大で35%上回る圧倒的な速さを誇る)を堪能させてきました。システム設計者に最適なプロセッサを選択させるためのベンチマークを作成する業界団体、EEMBC®(Embedded Microprocessor Benchmark Consortium)( www.eembc.org)によって発表、および認定された数多くの記録的なスコアがそれを証明しています。それに加えて、GHSのコンパイラは、最高水準の安全規格であるISO 26262、IEC 61508、およびFDA Class IIIに対する認証取得が裏付けるように、自動車、産業、および医療向けセーフティアプリケーションに非常に適しています。 さらに、GHSのリアルタイムOS µ-velOSity™は、Cortex-Mプロセッサが位置づけられているリソースが制約された環境向けに設計されています。そこでは、最小数のCPUクロックサイクル、およびわずか1.6KBのROMだけが要求されるメモリが使われます。µ-velOSityは簡単に使用できます。リアルタイムオペレーティングシステムの全ソースコードと厳選されたミドルウェアが完備されており、APIはきわめてシンプルな上、統合開発環境MULTI®によって使い勝手の良い強力なソフトウェア開発ツールが提供されます。

● より高速なソフトウェア開発と抜群の品質

GHSの包括的な統合開発環境であるMULTIによって、開発者は、スタンドアロン、µ-velOSity、または、他のサードパーティ製OSといった動作環境を意識することなく、より高性能で信頼性の高いソフトウェア製品をより素早くに市場に投入することができます。MULTIをCortex-Mプロセッサと一緒に使用した場合のMULTIのキーとなる機能的な優位性には、カーネルアウェアのデバッギング、および時間をさかのぼった(back-in-time)デバッギングをサポートする動的実行解析ツール TimeMachine™が含まれます。MULTIは、より品質の高いコードを可能としながらスタック性能とランタイムエラーの制御、および可視性に加え、統合されたMISRA C 遵守ツールを開発者に提供します。

ハードウェア・デバッグプローブ Green Hills Probe™、およびSuperTrace™ Probeは、低水準のJTAGデバッギング、およびトレースを原動力とする高い可視性によってハードウェアの立上げを加速しながら、GHSの時間節約ソリューションを締めくくります。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、米国 Green Hills Software 社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションや、タイミング検証・最適化ツールなどの自動車関連ソリューションを、日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3576-5351 / FAX:03-3576-1772
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software、およびINTEGRITY、µ-velOSity、MULTI、TimeMachine、Green Hills Probe、SuperTraceは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る