統合開発環境 MULTI リアルタイムOS INTEGRITY µ-velOSity ハードウェア・デバッグプローブ SuperTrace Probe Green Hills Probe タイミング検証・最適化 SymTA/S TraceAnalyzer ハードウェア自動設計ツール Accelerate 認証サービス Conformance Test Service
自動運転用映像サービス VERTechs (外部リンク) その他 DinkumLibrary (外部リンク) EDG Front End (外部リンク)

タイミング検証・最適化

SymTA/S

タイミング検証・最適化ツールの概要

Symtavision社の提供するタイミング解析・最適化ツールは、ECU、車載ネットワーク、システムのタイミング解析ツール『SymTA/S』と、通信バスやECUのタイミング解析状況をグラフィカルに確認できるトレースデータ解析ツール『TraceAnalyzer』の2つの製品から構成されています。

SymTA/S

形式的手法を用い、アプリケーションが存在しない設計段階から、トレースデータが取得可能な実装段階、最悪実行時間解析ツールが使用可能な検証段階と、全てのステージでタイミング解析が可能です。

TraceAnalyzer

トレースデータに基づいた解析を行い、グラフィカルな表示機能により、タイミング問題の原因特定が容易に行えます。 また、『SymTA/S』にインポート可能なタイミングモデルを自動生成し、より効率的なタイミング解析が行えます。

これらを利用する事により、複雑化する車載ネットワークシステム開発において、設計段階よりタイミング問題を効率的に検証し、開発期間の短縮やコスト削減、信頼性の飛躍的な向上を実現します。

特 長
タイミング解析ツール 『SymTA/S』
  • 形式的手法(数学式)を用いた解析
  • シミュレーションや、トレースデータからは把握できない、本当の最悪応答時間を算出
    (形式的手法(数学式)により、想定される全ての組合せを確認し、その中から、最悪なパターン(最悪応答時間)を高速に算出)
  • アプリケーションが存在しないECU・通信バスの設計段階におけるタイミング検証が可能
  • 最悪応答時のECUのCPU負荷状況、余裕度、バスの占有率、余裕度を把握することで、適切なECU、通信バスの選択が可能
  • 機能安全の検証目的でも利用可能

製品詳細はこちら »

トレースデータ解析ツール 『TraceAnalyzer』
  • 視覚的な表示機能により、タイミング問題の原因特定が可能
  • ECUや通信バスのタイミングを視覚的に表示
  • SymTA/S』で利用可能なタイミングモデル作成が容易

製品詳細はこちら »

関連ページ
関連リンク
カタログダウンロード