厳格なコーディングルールで開発されたカーネル

u-velOSityは、ANSI/ISO C準拠の非常に厳格なコーディングルールで書かれており、その中には、MISRA-Cのサブセットも含まれています。

これらの徹底したコーディングルールにしたがって開発することにより、u-velOSityの全ての機能は、プログラムの複雑さを測る指標のひとつであるMcCabeの Cyclomatic code complexity の値で 8 を超えません。(8 を超える場合、複雑でハイリスクなプログラムから非常にハイリスクな未検査プログラムまでを指します。)

u-velOSityは、Cyclomatic codeを使用したSEIリスク評価査定に基づいており、危険性の低い、シンプルなプログラムです。

さらに、MULTIデバッガを使用して、u-velOSityのデバッグ、検証、テストを行っており、ソースコードのカバレッジは100%を達成しています。