2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2016年

2016/4/21
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

アドバンスド・データ・コントロールズ、C言語で記述されたアプリケーションを解析・最適化し、
FPGA上にハードウェアアクセラレータを構成する自動設計ツール「Accelerate」の提供を開始
~ ADASなどの次世代制御システムに必要なハードウェアアクセラレータを最適化しながら自動設計 ~

2016年4月21日発表 - 最適なソフトウェア開発環境の追及と提供」を進める株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(本社:東京都豊島区 代表取締役 社長 河原 隆、以下 ADaC(エーダック))は、次世代の組込み制御システムをサポートするVeltronix(ヴェルトロニクス)社(豪州 メルボルン、以下VTX)と代理店契約を締結し、同社のハードウェア自動設計ツール「Veltronix Accelerate(アクセラレート)」(以下Accelerate)の提供を開始しました。

近年の組込み制御システムの仕様は、ますます複雑になると同時に、制御アプリケーションソフトウェアも非常に大きく複雑になってきています。この制御アプリケーションが、各仕様に対応できる実装技術が必要となっています。

VTXのAccelerateは、制御ソフトウェア開発者から提供されるC言語で記述されたアプリケーションソースコードを解析し、並列処理の抽出と最適化などを行い、自動的にHDLのソースコードを出力します。このHDLは、各社の論理合成ツールでFPGA化でき、アプリケーションソフトウェアのパフォーマンスが飛躍的に向上します。また、制御システムに最適なハードウェアとソフトウェアの分割が可能なデータの抽出もサポートされており、自動車産業をはじめ、FA、防衛、ロボット産業など、幅広く使用することが可能です。

さらに、Accelerateは、FPGAをターゲットとするオプションとして、単精度や倍精度に対応した浮動小数点ハードウェアサポートツールボックス「Floating Point Toolbox」や、生成したHDLの自動テストベンチの生成やテストベクトルの生成をサポートするHDL検証/シミュレーションツールボックス「Simulation and Verification Toolbox」が用意されています。

主な特長

  • 制御システムに特化した独自の最適化技術
  • ターゲットのFPGAに最適なHDLコードを生成(合成可能)
  • 並列化可能処理を自動的に抽出し、アルゴリズムを並列化変換
  • 浮動小数点処理のモジュールも生成可能(オプション)
  • HDL検証用シミュレーションプラットフォーム作成可能(オプション)


アドバンスド・データ・コントロールズ 代表取締役 社長である河原 隆のコメント:

「当社は、ソフトウェア開発環境として、言語処理系C/C++コンパイラ、デバッグツール、組込みOS(INTEGRITY)などのGreen Hills Software, Inc. 製品をメインに構築しております。次世代開発環境として、開発されたソフトウェアの実行をソフトウェア開発者に『見える化』される環境が必要と考えており、Veltronix社のAccelerateは、膨大なソフトウェアをFPGAの利用により高速実行することで『見える化』を実現することが可能と考えております。これにより、当社の使命である『最適なソフトウェア開発環境』を追求し、システム設計者を含めて次世代ソリューションを提供することで、皆様に新たな価値の創造に貢献できるものと自負しています。」


Veltronix社 CEOであるAaron Cleaver(アーロン クリーバー)氏のコメント:

「近年、システム開発者は、市場の需要に応えるため製品性能を益々向上せねばならず、人工知能やオンライン最適化等の方法を使用し始めています。これらの次世代『スマート制御』方法を使用すると製品の大きな改善が見込まれますが、それに伴う演算能力の向上が必要となります。当社は、次世代のスマート制御システム構築を可能とする自動設計技術を開発しています。当社はADaC社と組んでAccelerateを日本市場で販売することを大変嬉しく思っています。日本の企業は、お客様の生活をより豊かにしようと最先端技術を駆使し商品開発をすることで知られており、今後Accelerateがその開発プロセスの中で重要な役割を果たしていくはずです。」

提供開始日

2016年4月21日(木)

動作環境

Accelerate は、以下の環境で動作します。
   OS                 : Windows 7 / 8 / 8.1 / 10
   CPU               : Core i7 ( 3GHz 以上を推奨)
   メモリ            : 4GB (16GB 以上を推奨)
   ハードディスク: 500MB以上の空き容量 (1GB 以上の空き容量を推奨)

■ Veltronix Pty. Ltd.(VTX) について

Veltronix社は、処理負荷の重い次世代制御システム作りをサポートする自動設計技術をクリエイトするため、2015年に設立されました。VTXのエンジニアチームは、最新の自動車用組込みシステムの研究・開発に10 年以上携わっており、組込みシステム設計者が直面する課題に精通しています。
豪州のメルボルンに拠点を置き、自動車、FA、防衛、ロボット産業などの幅広い分野に向け、FPGAアプリケーションの最適化と制御パフォーマンスが飛躍的に向上する自動設計ツールを提供しています。
VTXに関する詳しい情報は、Web サイト http://www.veltronix.com.au/ をご覧ください。。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。
ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、米国 Green Hills Software 社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションや、タイミング検証・最適化ツールなどの自動車関連ソリューションを、日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。
ADaCに関する詳しい情報は、Webサイト http://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3576-5351 / FAX:03-3576-1772
E-mail:planning@adac.co.jp


*記載されているロゴ、社名、および製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る